慶ぶろ 弐

趣味のゲームプレイブログになりつつあります。

Generation XTH -CODE REALIZE- - クリア

GXTH3 2014-06-17 20-11-02-06

一応、物語的には前回で終止符が打たれた感じだったのですがお話は続き、次のクエスト「マスコット捕獲指令 」で危惧していたラ'ムーラとの戦闘がありました。しかも、前作CODE BREAKERの隠しボス時と同じく馬鹿みたいに攻撃力が高く連続攻撃をしてくるムラマサ☆ラビットを引き連れていたの遭遇時は素でびびってしまいましたが、案外あっさりと倒せてしまったので「あれ?」って感じです。前作時が兇悪すぎたんですね。

Generation XTH -CODE REALIZE- - クリアと思いきや

GXTH3 2014-06-17 03-55-50-11GXTH3 2014-06-17 03-59-37-81
GXTH3 2014-06-17 04-04-45-39GXTH3 2014-06-17 04-08-06-09

一応、お話的にはクリア的な感じになったと思うのですが、エンディングロールが出ない所を見るとまだクリアではないようです。でも、これ以上やっても物語的には蛇足な感じもするんですよね。まあ、流れから察するにこの後は今回非業の最期を迎えたヒロインの七世ヒカルちゃんを生き返す?or救い出す?為に奮闘するんでしょうけど。

GXTH3 2014-06-17 04-14-03-47

そして、ここから前作から引き継いだキャラを使えるようになりますが、もう終盤に入ってますので今更って感じです。前作、前々作を通したキャラ達ですから愛着はあるんですけど、本作で1から始めたキャラの方が育成が上手くいったので使わないと思います。

つづく

© 2008 Team Muramasa ⁄ Experience Inc. All rights reserved.
"XTH" is a registered trademark of Experience Inc. All rights reserved.

Generation XTH -CODE REALIZE- - ラ'ムーラ

GXTH3 2014-06-16 06-28-42-79

何気に1作目から登場しているラ'ムーラとかいう口の汚い黒兎。

クエスト「7H・不忍プリズン 」のボスキャラとして登場し相変わらず強いのですが、お話の途中での登場のせいか前作程兇悪ではありません。

こいつは弱点が光属性なのでいつも通り魔術士→集中→バーストアイレド→ブライトワーク(魔法)で攻め、学術士のファストユーズでブライトワーク(アイテム)を併用し、その間他のメンバーの王術士はイージスでガード、聖術士はマナガードでガード、他はブライトワーク(アイテム)を持っていれば使う等してればなんとかなります。とは言っても1回帰還して準備を整えてから再挑戦で倒せたのできついと言えばきついです。

GXTH2 2014-06-10 03-38-28-38
▲前作CODE BREAKERの隠しボス、ラ'ムーラ

ただ、前作の隠しボス的な時よりは弱いので安心です。

というか前作CODE BREAKERでのラ'ムーラは本体が強いというよりは一緒に引き連れているムラマサ☆ラビットがヤバくて、勝利するのにかなり運が絡む感じでした。結局、50回ぐらいやり直したかもしれません。実際、当時はかなり精神的にやられてしまい、「もうやりたくねえええええ」となったんですけど、それでも心折れかかりながらなんとか勝利しました。勝った時は思わずモニターの前で「おっしゃー!!!」と叫びました(笑)

なので、こいつとはもう戦いたくないのですが、なんか本作でも隠しボスで出てきそうな気がして怖いです・・・。

まあ、出たら根性が続く限り頑張るしかないんですけど。

© 2008 Team Muramasa ⁄ Experience Inc. All rights reserved.
"XTH" is a registered trademark of Experience Inc. All rights reserved.

Generation XTH -CODE REALIZE- - サンタマリア戦

GXTH3 2014-06-16 01-52-59-72

ファラオンに次いで新たな強敵か?と思われた、クエスト「7H・ジオマトリクス」のボスサンタマリア。とりあえず数回挑むもボコボコにされてしまったのですが、その戦いの間に弱点が闇属性という事が判明し、結局は魔術士の集中→次のターンでバーストアレイド、マジックバースト併用のダークワークで瞬殺でした。

しかし、ここら辺になると相手の弱点なんかを知らないと話になりませんね。やれやれ。

© 2008 Team Muramasa ⁄ Experience Inc. All rights reserved.
"XTH" is a registered trademark of Experience Inc. All rights reserved.

Generation XTH -CODE REALIZE- - ファラオンとかいう白い竜つよい

GXTH3 2014-06-14 03-24-53-91

流石にGeneration XTHシリーズも3作目という事で特に苦戦もなく進めてきたのですが、クエスト「7H・Gミュージアム」のボスのファラオンには大苦戦しました。

まずこのファラオンとかいう竜は仲間を連れ去る事があり、そうなった時連れ去られたのが主力だったら(私の場合だと王術士と魔術士)やり直しです。又、こいつはよくダイダルウェイブという複数にダメを与えてくる攻撃をするので、それを回復(聖術士のハイマルチケア等)で乗り切ります。そして、こちらが攻撃するも「立ちふさがる大波」という回避技で避けられる事もしばしば、そもそも攻撃が当たっても王術士捨て身のプロヴィデンスぐらいしかまともにダメが通りません。それなのに自動回復しまくるので一気に攻撃を与えて倒さないといけません。そこで、弱点である風属性を突く為魔術士が集中を使い次のターンでユニオンスキルのバーストアレイドで魔法ウィンドワークを使います。しかし、これだけだとクリティカルがでない限り倒しきれません。そこで、あらかじめ攻撃ツールアイテムのウィンドワークを主力以外に持たせておいてみんなで一斉に使う方法で倒しました。王術士はプロヴィデンス、魔術士は集中→バーストアレイド→魔法ウィンドワーク、それ以外はアイテムのウィンドワークという感じです。

正直、倒すまでに15回は死んでます(汗)結局、初回では倒せなくて1度帰還してウィンドーワーク(アイテム)を持たせて再挑戦して勝てた感じです。

いや~これは初見じゃきついっすorz

でも、倒せた時の爽快感も半端ないですけど。

© 2008 Team Muramasa ⁄ Experience Inc. All rights reserved.
"XTH" is a registered trademark of Experience Inc. All rights reserved.