FC2ブログ

0 Comments
 Edit
ACU 2018-06-03 06-31-52-40

積みAssassin's Creedシリーズ崩し期間という事で、この前終わらせたAssassin’s Creed Liberation HDに引き続き『Assassin's Creed Unity』を始めました。

ACU 2018-06-03 07-35-52-73
▲アルノ・ドリアン

今回の舞台は18世紀末のフランス。
主人公はアルノ・ドリアンという青年です。

ACU 2018-06-02 14-20-09-93

彼は8歳の時に訪れたベルサイユ宮殿で、テンプル騎士団の刺客によって父親を殺害されてしまいます。
※犯人を知りたい方はAssassin's Creed Rogueをプレイして下さい。

ACU 2018-06-03 10-56-00-38

その後、敵対する立場でありながらもアルノの父に敬意を払っていた、テンプル騎士団グランドマスターのフランソワ・デ・ラ・セールに引き取られアルノはラ・セール家でフランソワの娘エリスと共に育てられますが、今度は育ての親であるフランソワが殺害され、

ACU 2018-06-03 11-01-21-41

その容疑者としてアルノは濡れ衣を着せられバスティーユ牢獄へ投獄されてしまいます。

ACU 2018-06-03 11-07-02-26
▲ピエール・ベレック

そこで出会ったのがピエール・ベレックというアサシン。
彼とアルノの父は知り合いで、アルノの父がアサシンであった事が判明します。

ACU 2018-06-03 11-09-45-53

そして、フランス革命の騒乱に乗じてアルノとベリックはバスティーユ牢獄を脱出。

ACU 2018-06-03 11-16-02-83
▲エリス・デ・ラ・セール

アルノはフランソワの娘エリスに会いに行くと、エリスはアルノの父がアサシン、自分の父がテンプル騎士だという事を知っていたと言います。そして、必ず復讐を果たすと…。

又、フランソワに襲撃を知らせる手紙を受け取っておきながら渡さなかった事でアルノは罪悪感に打ちひしがれます。まあ、手紙の内容を知らなかったのでしょうがないっちゃしょうがないんですけど。

ちょっとここはわかりにくいかもしれないので補足として説明しときますが、フランソワを殺害したのは敵であるアサシンではなく同じテンプル騎士の内部クーデターによるものです。

ACU 2018-06-04 16-17-52-23

その後、アルノは育ての親フランソワを殺害した真犯人を探し出し贖罪を果たす為アサシン教団に加わります。

ACU 2018-06-04 16-33-14-74

という所まで進めました。
これから先はどうなるかわかりませんが導入はすごく面白いです。

なお、ここまで進めるとアサシンの姿になれます。

ACU 2018-06-03 07-26-51-87

次にゲームシステムに関してですが、操作方法などAssassin's Creedアメリカ編(3、Liberation、4、Rogue)から結構変わりました。

まず、改善されたのはフリーランです。以前までは建物の前でコントローラのトリガーを引くと自動で上にあがったりしましたが、今回からはB(〇)ボタン+RT(R2)ボタンの(下方向へフリーラン)とA(×)ボタン+RT(R2)ボタン(上方向へフリーラン)の追加されたおかげで誤動作を起こしづらくなりましたし、建物から降りるのも上がるのも非常に楽になりました。

ACU 2018-06-06 05-34-00-00

そして、自動回復は廃止され薬を飲んで自分で回復するという形に置き換わりました。

ACU 2018-06-03 06-50-56-61

又、戦闘面では「カウンター」が「受け流す」になり、カウンターキルとキルストリークも消えた事で大勢の敵を相手にするのが大変になりました。それでいて敵も硬くなり、攻撃力も上がったのでかなり戦闘面はシビアになったように感じます。なんかダークソウルに近付いた感がありますね。
そして、今回は敵の銃が恐ろしく強いです。前作までは敵が銃を撃ちそうになったら他の敵を捕まえ防御に使えましたが、今回はそれができなくなり回避でなんとかしなくてはいけません。

まあ、戦闘は全体的難易度が跳ね上がってます。


https://youtu.be/tCJYWWu_db8

次にグラフィックスは上記の比較動画を見てもらうとすぐわかると思いますが前作から大きく向上しました。
前作はPlayStation 3、Xbox 360、WiiUにも対応してましたが、本作ではそれらの前世代機を切ってPlayStation 4、Xbox One、PCだけに対応させたのが功を奏したのでしょう。足を引っ張る物がなくなったのですから。

ACU 2018-06-03 07-17-14-09ACU 2018-06-03 10-52-00-60
ACU 2018-06-03 11-42-37-65ACU 2018-06-03 11-43-15-12

そして、出現するNPCの数もかなり膨大になり、正直驚きました。
フレームレートを落とさずこんなに大量のNPCを出すなんてどんなプログラミング技術が使われているのは気になる所です。

ACU 2018-06-06 05-56-27-48

というわけで、かなり前作までのアメリカ編とは差別化が図られている印象を受けました。
個人的にはよくできてるなと感心するばかりです。

00yunite1iiia.jpg
▲バグ (バグなし→

しかし、発売当時にはフレームレートの低下、ゲームのクラッシュ、大量のバグによってUbisoft Montreal CEOが謝罪するに至り、シーズンパスも廃止され無料になったりと散々な印象があります。とはいえ、今ではそれも対策されたのか十分遊べる感じです。
最初からこの状態で出せていたならもっと評価されたはずなのにもったいないですね。

ACU 2018-06-04 16-19-30-69

あと書き忘れてましたが一応現代編もありました。
ただ、デズモンド亡き後の現代編はどうにも盛り上がりに欠けるのであんまり期待はしてないです。

そんなわけで、ファーストインプレッションはこんな感じになります。
これからボチボチやっていきたいと思います。

© 2014 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Assassin’s Creed, Ubisoft, and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the US and/or other countries.
関連記事
慶♂
Posted by慶♂

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply